ドライブレコーダーの有用性

ドライブレコーダーの様々な用途

ドライブレコーダーの有用性

DRってなに?

車両にカメラを取付け、車に衝撃(事故発生時、急ブレーキ)が加わると、その前後の映像や音声などを自動的に記録することができる装置がドライブレコーダーと呼ばれます。

運行を記録するためのものというのが通常の役割ですが、市販のドライブレコーダーは万が一の事故の時の記録を残し、事故の原因特定、衝突事故の前後に自動車の挙動がどうであったかを公的な機関が判断することを助けるために、近年は常時録画・連続録画できるタイプが゙増えてきていますが、現在は内蔵したセンサーや任意スイッチをトリガーとしてその前後数十秒の映像を記録媒体に残すタイプが主流です。
この装置を回収して分析することができます。

しかしながら、常時録画しているタイプのドライブレコーダーも登場しています。
また、録画と同時に音声も録音したり、GPSを内蔵し、時間・速度・場所(緯度経度)・走行軌跡まで記録できるものもあります。
適切な運転を行なっていたか確認するために、更に上位機種のドライブレコーダーではスピードメーターやウインカー・ブレーキランプ等の車両の運行状態まで記録することが可能です。

自動的に記録する衝撃の大きさや記録できる項目は、ドライブレコーダーにより違いがありますのでご注意ください。

what's new

2013/04/25
万が一の事故時を更新。
2013/04/25
GPS内蔵を更新。
2013/04/25
広がる可能性を更新。
2013/04/25
DRの意味を更新。
2013/04/25
トップページを更新。